2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.02 (Mon)

毒々しい夢


女はバレエの如く舞い踊り

振り回される美のトゲは

周りの男共に突き刺さり

抜けぬようになったトゲは

男達の体内に美の血を巡らせる。

全ての臓器に美の血が回った頃には

男達は毒に踊り狂って女を巡り殺し合う。

女にエロスの黄金の矢は要らぬ。

自ら舞い散るそのトゲが

世の男共を狂わすのだから。

だがトゲは毒を垂らして男共を殺す。

男共は殴り、殺し合って、やがてその場に男は居ない。

エロスの愛さえもらえぬ女

女は世の男と永遠に結ばれぬ。


美しい私に狂うといいわ。

そして殴り合って殺し合って

その血で私を喜ばせて。


女は生まれてから前世に伝わる儀式を知らぬ。

その快楽は計り知れぬものと書にはあった。

女はやがてその快楽を求めて彷徨い歩いた。

だが女の進み行く足跡には

ただただ死体が数多に転がる。


嗚呼、ならば私に儀式は要らぬ。

私が歩けば、踊れば、世の男共は狂い

その血で私を濡らすのだから。


男共が狂い死ぬのは仕方がないわ。

だってこの世の地の上に

私を除いて女は誰一人居ないのだから。



嗚呼、私は寝付いた醜き女の夢に舞う女。



…寝付いた醜き男の夢にでも同様か。

悲しっ。
スポンサーサイト
02:00  |  非日記な駄作集  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyvoru2.blog93.fc2.com/tb.php/468-92f17f86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。