2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.23 (Mon)

上の空旅行紀

最近日記も復活かなぁ(*´・ω・)


家、オカンが妖怪人間ベムを見始めたので

一つも読書に集中できず。

ふと、コメントに

その公園にある猫の銅像は今は囲われている。
猫でさえ自由に生きれない。
そんな時代なのかもしれないね。


てのがあったのを思い出し、公園へ。



……

IMG_1187.jpg


確かに束縛されてました(*´・ω・)

たぶん、子どもがつまずいて転んでしまうからでしょうね。

でも自由気ままな猫が束縛されているのはチョット悲しかった。


……

IMG_1189.jpg

なお、犬は健在でした( ̄∇ ̄*)

いやー、少し安心した。

でも人気の少ない道にポツンと歩いている犬は少し感傷的だった。




このあとも、だらだら歩くんですが

相当長くなりそうなんで、続きは追記で

追記は、Read Moreより

【More・・・】

文体変化。


今日もだらだら散歩す。

091123_1617~01

公園での一枚。

いつもの公園が、少し美しく感じられた。


あてもなく散歩するのも少し億劫なので、

行きつけの書店とは違う、他の書店を目指して足を運ぶ。

この一本道がひどく遠い。

091123_1629~01

道中、遠目でションベン小僧を発見し、

公然猥褻の疑いで現行犯逮捕をしようと思ったら

091123_1625~01

昔あったイチモツが無いのに気づく。

折られたのか?何なのか。

ズボンをはきながら上着をめくり上げる小僧の様は、

おっさんが気怠そうに腹を掻いているようで、誠、滑稽であった。


ポケットのウォークマンに気づく。

慣れない手つきで耳に当て、再生をすると

ロックが流れて昂奮した。

すると歩く速度、テンポも変わって

後ろから来る婆が、クスと笑って消え去った。

よほど奇怪な歩き方であったのか、急に自分が恥ずかしくなって歩き方を自重した。



道中、銀杏並木。

IMG_1194.jpg

紅葉と重なり合った銀杏も多々見られたが

赤と黄が混ざり合うと、意外にも不自然。

単独で存在する方が美しく感じた。

自然の美。


銀杏から数メートルの所

美しい自然地帯に、不躾な人工物が乱立。

IMG_1195.jpg

空気を読め。空気を。

ひどく人工物が嫌になった。



書店前に到着。

入る前に、駐車場が満車になっていたのには驚きつつ、

人が寄るというだけで、ちょっと期待した。


書店内。

ひどく汚い感じがした。

ゴチャゴチャしてて、まるでまとまりがない。

同じチェーン店でも、これほどまでに違うのかと驚嘆。


太宰生誕100年に当たって

この書店では太宰を押しまくっていた。

当然、集英社文庫の売ろうとしか考えていない、『人間失格』の表紙が目に入って不快。

15分ほど、朝比奈あすかさんの本を探したが、見つからず。

出。


もう一度、音楽をかけて落ち着きを取り戻す。

駐車場を抜けて、曲がる。

瞬間目に映ったのに驚く

091123_1713~01

夕焼けに、先ほどの人工物が照らされて影。

道行く車の灯りが並び、

奥で静かに、いや堂々と夕日が沈んでいく。


途端、電車内から見るビルが夕日を反射させている景色と

川に乱反射する夕日を思い出した。


自分の存在を堂々と表すのではなく、

自然と混ざり込み、自分は影となって存在する人工物は良いと感じた。

嫌いじゃない。コレもまた美。


スポンサーサイト
21:11  |  高校生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyvoru2.blog93.fc2.com/tb.php/503-90a35785

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。