2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.09 (Wed)

おすわり。


さて泰然とこの椅子に座り、何をする。


自分は己を馬鹿と称して、批判を逃れようとするが

自分は他の者より逸脱した何か、を書こうとするきらいがある。

褒められるとかなり恥ずかしいのだが、

逆に貶されると、いや当然だと構えてしまう。

変にかしこまって書いた「それ」を見られるのは恥ずかしいのだが、

いやしかしこの「それ」を、誰かに認めてもらいたいと切望している。



不意に浮かんだそれを刻み残すのか。

いや、この考えを捨てるのか。

残した後悔はないのだが、捨てた後悔はいくらでもある。



ふと脳の内側に入り込んで、透けた脳の外壁を眺めると

悪しき考えがコケの如く繁茂していて、

取り除くのは簡単なのだが、面倒になって置いてしまう


それを除かず、なお放置していると

悪しき考えに飲まれるように自我が消えていく

自我がそれを振り払おうと努めるため、遅々として考えが定まらぬ。

不安定で筋の通らないものになる。



また素性を知られてしまうと、変に書けなくなってしまう。

やはり体面を気にしてしまう。



経験がないと、あまり手が進まない。

乾ききった砂から植物を育てるのが難しいように

何もない空間から何かを作り出すのは難しい。



都会育ちの田舎の歌も同じく。

戦争知らずの平和の歌も同じく。

恋心忘れた恋の歌も同じく。

スポンサーサイト
22:06  |  非日記な駄作集  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyvoru2.blog93.fc2.com/tb.php/536-b03ccc9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。