2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.24 (Thu)

航海して公開して後悔して。

これほどにまで僕の人々に対する期待が薄いとは思ってもみなかった。

リア友でさえ新天地のURLの要望がないとは思いもしなかった。

それが僕の思い上がりだった。


かといって、このブログが恋しいわけでもない。

むしろ、先日完成したブログの方が気に入っている。

記事も書いた。下書きもたくさん作った。

これでも推敲して公開するタイプ。

というより、ひらめいたら何行も書く手が止まらない。というタイプでもなく

ある程度行ったら、未完?のままで一時手を止めてしまう。

そして、後日にもう一度書き直して、公開する。

これでも時間をかけて出しては居るんだ。毎回毎回ヤケクソな訳でもない。

ただの自己満足ならば、紙に書いて保管すればいいのだ。

だがそれでもこの質素ながらも公共の場に公開しているというのは

多少なりと誇りを持ってやっているからだ。


だからこそ今回の一件は痛かった。

正直言って、数が少ない。

だからといって数が少ないのが悪いのではなくて

その数に対して、当ブログのリピーターが数倍にも及んでいたからだ

自堕落な散文詩を書き始めるやいなや、訪問者も増え

当然リピーターも増え、かなり活気づいていて更に書いてもリピーターはお越しになった。

コメント返信のためだけに、適当な日記を拵えて、後は散文詩ばっかり書いた。

それでもリピーターはお越しになった。

ただ唯一不安に思ったのは、散文詩に対するコメントはかなり少なかったということ。

そして、今、このブログを手放すと宣言して

さらには散文詩と趣味のみのブログにすると宣言して、コメントを今か今かと待っては居ても

依然、大きな反応は見られず。

ならもう良いです!(´;ω;`)

もし愛読者がいたら申し訳ないと思って書いたけど、所詮そうだと思ってた!(´;ω;`)


と完全にいじけてベットに転がり込んで、奇怪な模様の天井を見て

ふと思い浮かんだのは

んじゃ、リピーターの方々は何のためにお越しだったのだろうか。と言う疑問。

あれれ、あれれ。と気分はすっかり一休さん。

ポクチンして、ポクチンして。


結局思い浮かんだ考えは

彼らがリピーターであると同時に

僕も彼らのブログのリピーターであるということ。

そして訪問者リストの1ページ目に、毎回毎回僕のブログ名が載っていれば

自ずと、気休め程度に行こうとなるのは当然か。と合点。


だからこれからは、麻薬の如く、

読む人に中毒性を与えるようなブログにしようと思う。

この一件はかなり良い勉強になったと思う。

ここまで来たから言ってしまうと、マイブームはブログ更新だ。

イタいだろ?でも仕方ない。実に暇なのだ。


だからこれからは、次の場所で長く続くよう、頑張っていきたいと思う。


これが僕の卒業文集です。

激しい自己顕示欲のパラダイス。

スポンサーサイト
00:24  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.12.24(木) 20:46 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.12.26(土) 17:07 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://happyvoru2.blog93.fc2.com/tb.php/554-d6bf8436

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。